サラリーマンをやめて個人事業主になったものの、やっぱり稼ぐのは大変で、会社員時代よりもずっと給料は減りました。カミさんとの稼ぎも含めて赤字になるかどうかの瀬戸際でこのままですと貯金を食いつぶしてしまう可能性があります。

 
まだ、仕事が軌道に乗っていないのでこのようなものかも知れませんが、ちょっと苦労しています。ただ、それではサラリーマンに戻れるかと言えばサラリーマンなりの苦労もありますのでそれはやはり難しいでしょう。安定を取るか自由を取るか難しい選択を迫られましたが、お金よりも自由が欲しかったのも事実です。

 
ただお金のことは問題でして、これから大丈夫かなと思っていますし、不安ですね。今年を例にとっても1月2月は贅沢はしていないのにもかかわらず赤字ですし、スタートしたばかりの人はどうしているのかなと思っています。

 
しかし幸いなことは赤字額はそれほど膨らんでいなくてそれなりに食べていけるのは良かったと思っています。

 
個人事業主の先輩に話を聞くと最初の3か月はきついらしいです。それを乗り切って黒字に転換できるかが問題です。日本は起業する方は海外と比べて少ないのですが、やはりこういう事情があるからなのでしょう。

 
人生何をやるにしてもお金には苦労させられます。中にはギャンブルや風俗にはまって借金が返せない方もいますがそれは論外で、仕事しつつもお金を稼げない人は大勢いて、そういう人の中の1人が私です。

 
ただ赤字と言っても月数万円でもっと稼げばなんとかなります。

 

 

なるべくなら月10万円の黒字達成したいところですね。社会保険もあり、色々雑費もかさみそれを補填するためには、月10万円の黒字を目指さないと個人事業をやっている意味もありません。

 

 

さあ頑張りましょう。

 
最近では30代からリフォームをする人も多いみたいですね。
 

リフォーム業者おすすめランキング
 

 

20代には車が人気で、30代になると自分のマイホームが欲しくなるように世代交代していくようになる。
 

その中でも私が今考えている事は【早い良い家を持って、リフォーム業者に頼む事だ】

5年間、私はうつを患っていました。
傷病手当や失業手当をいただいて休養を取ったり、少し良くなっては働き始めたりして、3年くらいはなんとかひとりで生活していました。

 
しかし、働き始めたところの残業が月80時間くらいになることが何ヶ月か続き、完治しないままに仕事復帰してしまっていた私の心は、脆くも再び折れてしまったのです。

 
家から出られず、何も手につかず。
気分転換しようにも、世の中は何かとお金です。

 
何より辛かったのは、単発のアルバイトなら行けるだろうと申し込むのですが、当日になって仕事に行けなくなってしまうことでした。

 
人に迷惑をかけてばかり。
そして、生活はひっ迫する一方。

 
その事実は更に私の心をズタズタにしていっていました。
ある時、長期の仕事になんとかあり着きました。

 
次こそは真っ当に、と心に決め、頑張ろうとしていました。
そんな時たまたま引っ越しや身近な人たちの結婚が重なり、出費がかさみました。

 
頑張って働きさえすればお金は決まった日に入ってくるのだし、と、私はサラ金に手を出してしまいました。

 
問題なく働いていさえすれば、ほんの2、3ヶ月で完済できるほどの額でした。

 
ところがその職場も人間関係や、事前に聞いていた情報と違う事実が発覚したりなどで、結局すぐに退職してしまいました。

 
それでも単発の仕事に行ける時はなんとか行って、爪に火をともすような生活をしながら返済していましたが、逆に再びお金を借りてしまうことも度々あり、まさに自転車操業のような状態でした。

 
返しては借り、借りては返しを何度も繰り返して、いつもお金のことばかり考えて暮らしていました。

 
うつの治療としては、お医者様の診察と投薬の他に、カウンセリングという治療方法もありますが、お金がかかるのでできず。

 
単発で働こうとして当日欠勤してしまい、派遣会社をいくつもクビになり。

 
クビになってはまた新たな日雇い派遣の会社に登録しに行ったり。
生きてるだけでお金はかかるのだから、働かなくてはいけない。
働けないならば、死んでしまわなければ、などと考える毎日でした。

 
生きるためには、栄養と同じ様ににお金が必要です。
お金を得るためには、働くしか方法はありません。

 
働くのは、息をするのと同じこと。
働きたくても働けないというのは、息をしたくてもできない様な、苦しいことでした。

こんにちは。
33歳の専業主婦、タナベです。
現在夫と2人の息子(4歳と4ヶ月)と毎日楽しく生活しています。
と言ってもかなりの極貧生活を送っているのも事実なんです。
そう、今年から夫が転職したんです。

 

前に勤めていた会社はブラック企業の代名詞みたいなものでした。
身体と心、どっちが先に壊れるか心配だな〜とは思っていましたが…。
子供と過ごす時間が欲しいとの理由で30代で退社を決断したのであります。
新しく入社した会社は町の中小企業でお給料はかなり、それはそれはかなり減ってしまいました。
毎月19万円程です。
夫婦2人ならなんとかなりそうですが、子供がそこに2人いると辛い。
まして次男は私が母乳が出にくい事もあり、完全ミルクなんです。
ミルクとオムツだけで、毎月1万円。
でも子供ってそれだけじゃないですよね。
子供用シャンプーや綿棒などのケア用品、上の子は毎シーズン毎にサイズアップする為洋服を購入。
(幸いうちは男の子2人なので下の子は完全におさがりです!)
子供用品だけで毎月1万円〜1万5千円程。
毎月の子ども手当だけはなんとか手をつけないようにはしています。
さて食費関係の話なんですが。
私は8000円だけ週の頭に財布に入れています。
食費と雑費はそのお金以外は絶対に使いません。
買い物は週に2、3回。
考えて買い足していく感じです。
納豆や卵など、なるべく安くて栄養のあるものを買っています。
これで食費と雑費込みで半端な日にちの分を混ぜても月におよそ35000円!
1番節約できるのは食費だと思っているので、夫のお給料が安定するまではこれを維持します。
実は年末…下の子を保育園に入れて私も働きに出る事も考えました。
が、この真冬に菌だらけの保育園に入園させる決断が私にはできませんでした。
今ではこの節約生活にもすっかり慣れ、むしろ楽しんでいる感じです。
明るく気楽に。
お金が無くても家族が幸せならそれでいいんだと思います。